【Blender】立版古をモデリング?

不思議な人たちのモデリングを終えて、次の人物モデリングをしている最中、なーーんか、違うんじゃないかなという感覚がやってきまして…。よくあることです。またか、です。

3Dモデリングはできるようになれば面白いのだけど、下絵のための簡単な形をといいながらもある程度の形ができないと満足できない自分がいます。これではかかる時間も手間も膨大なことに。

で、数日モデリングから離れて、じっと…。

そして今日試しにやってみたのがこれ。以前に立版古の記事を書いたのだけど、それを思い出したのでこうなりました。折れてる感じがイイかも。

もっと形を整えて、紙の地色と紙の質感を加えよう。

あの記事書いた時は、絵を印刷して切り抜いて組み立てて写真撮ってスライドショーにするつもりでした。が、もとの絵づくりがうまくいかないまま、いつの間にか忘れてた。

だけど、実物としてではなく、この3D空間に立版古を作るっていうのもアリだよね。そうすれば部屋にいっぱい広げなくていいし、どうやって雲を空中に浮かべるか悩まなくていいし、撮影の時にいつも同じ光でできたりするし。そしてたぶん、作業時間も短くなるはず。

とりあえず、これをもちょっときれいに作ってみよう。

この記事を書いた人
たまに、加賀 一
そだ ひさこ

子ども時代はもちろん、大人になっても昔話好き。
不調で落ち込んでいた30代のある日。記憶の底から突如、子ども時代に読んだ昔話の場面がよみがえる。その不思議さに心を奪われて、一瞬不調であることを忘れた。自分は昔話で元気が出るんだと気づいた。

そだ ひさこをフォローする
雑記帳
そだ ひさこをフォローする
「塑田久子、お話を作る」の記録ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました