本を作る

2006年から物語を書き始めた私は、作品が増えると「本の形にしてみたい」と思うようになりました。そのときの製本の知識といえば、10代~20代のときに作ったコピー本くらいでした。

しかし時代は進み、PCでデータを作って家庭用プリンタで印刷することができるようになり、電子書籍という形態も出現しました。そして2021年には日本のキンドルストアでも、Kindle本だけでなくペーパーバックの出版が可能になりました。

この「本を作る」カテゴリは、自分の作品を本にしようと色々やってみた記録です。古いものはあまり読む価値もありませんが、最近のはKindle出版に関する記事もあるのでお役に立てることもあると思います。

紙の本・手製本

紙の本を出したい人へ!Kindleでペーパーバック(プリントオンデマンド・POD)を作った手順8つと考えたこと

2021年10月からKindleでペーパーバックの出版が可能になり、個人で紙の本が気軽に出せるようになりました。さっそく私も出版したので、出版の手順と出版過程で考えたことをこの記事にまとめました。
2021.11.27
電子書籍

小説「橋の上で」電子出版しました。Kindle本の購入&読書方法もあわせて

Kindle本(Amazonの電子書籍)の買い方と読み方をまとめました。AmazonのアカウントがあればKindle本は購入できるし、普段使っているスマホやPCでKindle本は読めます。
2021.11.11
電子書籍

6年ぶりにKindle本を出版したので、出版までの作業をまとめてみた

Kindle本を出版するまでの作業の流れをざっとまとめた記事です。表紙画像はCanva無料プランで作成、原稿はテキストファイルにまとめてでんでんコンバーターでEPUBに、目次とまえがきの順番を入れ替える、KindlePreviewerで確認してKDPにアップロード、出版完了。さらに、ネットで公開している内容をまとめた本はKDPセレクトに登録できるのか?ということにも触れています。
2021.09.09
電子書籍

時は金なり、Kindle本作りだって簡単なほうがいいにきまってる

作業としては、作品をテキストエディタにコピペ&マークアップ、それを表紙画像とともに「でんでんコンバーター」さんにEPUBファイルに変換してもらって、そのEPUBファイルをKindle PreviewerさんにKindle本形式(.mobi)に変換してもらっておしまい。
電子書籍

Kindle本の出版できました!(PCでも読めるので買ってください!w)

あれから2年以上が過ぎ、私はまだPCとpaperwhiteしか持っていませんが、今ならpaperwhiteすら持っていなくてもKindle本が読めます! PC用のキンドルアプリが公開されているのです。Windows用もMac用もあります。もちろん無料です。
電子書籍

2015年8月、KDPで個人出版しようとして無駄にEINを取得した話

要するに、日本のKindleストアで販売するだけなら何かを取得する必要はない。KDPサイト上で「税に関するアンケート」に答えていけば手続完了。ということです。ITINにビビったひとは安心してください。
電子書籍

パソコン用のキンドルアプリができていた。

スマホやタブレット端末用のキンドルアプリはあるのに、なぜかパソコン用のキンドルアプリはなかったし。なぜだろう?と思っていました。正直、不満でした。でもね、いつのまにかパソコン用ができていたんですよ。
電子書籍

キンドルぺーパーホワイト(Kindle Paperwhite)の感想なんかを書いてみる

ペーパーホワイトには二種類ありますが、住まいに無線LAN環境が整っていないひとや、外出先などでもキンドル本を買いたいひとには 3G をおすすめ。携帯電話の回線で通信できて、キンドルストアへの通信料は無料(国内のみ)です。
電子書籍

紙ではためらってしまうページ割りを電子書籍でしてみたい(2/22追記あり)

昔話は主人公が話のすじをどんどん進んでいって立ちどまったりわき道にそれたりしない、という特徴を持っているのですが、その、どんどん場面転換していく面白さを、どうなるのって思うタイミングでページをめくっていくことで、より面白く感じることができるんじゃないかと思うのです。
電子書籍

キンドルとePub(1/29の訂正)

やはり、はじめの思惑通り「はじめにePubファイルをひとつ作って、それをパブーとキンドルで使えばラク」なようです。
電子書籍

キンドルとePub

キンドルでの出版データをどうすればいいのかが、なんとなく理解できた気がします。実際にデータ送信などの出版手続きをしてみなければこの理解が正しいのかどうかはわかりませんが。 はじめにePubファイルをひとつ作って、それをパブーとキンドルで使...
紙の本・手製本

小冊子の原稿を作るためにWordを使う

プリンタ側で簡単に小冊子印刷ができるようになった(詳細は前記事)ので、メモ帳(テキストエディタ)で長い原稿を作ってそれを小冊子印刷して本にしようか、あるいは長いHTML(ウェブページ)を作ってそれを小冊子印刷して本にしようか…などと手抜きな...
タイトルとURLをコピーしました