キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

2014年になりました

あけましておめでとうございます。
今年も覗いてくださってどうもありがとうございます。今年もマイペースで更新してゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて。年末もちょこちょことBlenderをいじっていたのですが、たいした進展もなく、顔のモデリングがあと一歩な状況です(?)。その一歩がクリアできたら画像をupします。
その次は、骨の組み方をよく理解したいと思っています。IKとかなんとかよくわからないので…

スポンサーリンク

新年早々クラウドソーシングに登録してみた

仕事を辞めて一年半経ち、そろそろ家計のためにも仕事をしたいと思う状況になってきました。

しかし体調はあまり良くないし、どうしたもんかなぁと考えて、クラウドソーシングに登録してみました。
具体的にはクラウドワークスランサーズです。登録にあたってはこちらの記事「在宅ワークの種類」を参考にしました。

テキスト入力や文章作成をするつもりでしたが、登録後、自分のブログに記事をひとつ書くのに数時間かかるほど遅筆な事実に気づきました。なのでちょっと思案中です。(考えながら書いてるせい?)

そして実際に仕事を色々見ていると「ネーミング」とか「キャラクターデザイン」とか「ロゴ作成」とかにぐいぐい惹かれてしまいます。
登録二日目にしてすでにゆるキャラデザインに応募しました(笑

これらはおもにコンペ形式(公募のような感じ)なので経験がなくても応募できるのですが、選ばれなければ報酬にはなりません。いつまでも収入ゼロです。
ということで、勉強してみることにしました。デザインの基礎の基礎とか、タイポグラフィの基礎の基礎とか。それから色々検索していて「インフォグラフィック」というのがとても気になったのでそちらも。勉強といっても、あまり難しくない本を読むことから始めるんですけど。

リトルプレスを作りたいと思っているにもかかわらず、デザインについてはあまり勉強をしていないので、その面でもとてもいい機会です。Blenderとともに頑張ります。

インフォグラフィックにとても惹かれる。懐かしさも感じる。

インフォグラフィックについてはこちらの記事「インフォグラフィック作成するために読む本 10冊 | ビジュアルシンキング」中の、David McCandless氏のTED講演動画を見るとよくわかります。(動画をスタートさせた後、マウスを動画上に乗せると下部にメニューバーが出るので、右側の「29 languages」をクリックして日本語を選ぶと日本語字幕が出ます。)
インフォグラフィックの意味をおおざっぱにいってしまえば、情報を可視化してわかりやすくする(わかりやすくのとこ重要)ことです。これにはデザイン力と、情報を整理して解析・編集する力も必須。

インフォグラフィックは「Infographics & Data Visualization | Visual.ly」などでたくさん見ることができます。

そして意外なことに、インフォグラフィックの中には懐かしく感じる絵がたくさんあります。色づかいとか、シンプルさとかが昔の印刷物っぽくて、隅々まで見ても面白そうな地図的な絵だからでしょうか(子供向けの絵ってそんな感じだったように記憶してるんですが…子供向けの雑誌の付録の双六とか?を見入っていました)。
それからもしかしたら、製図とか展開図とかにも似ているからかも…隅々まで見入るという点において。作り方の図解とか大好きだったんです。

どこを見ても面白い絵というのは、私の理想の絵です。もうどこまでも地図を広げたいんです。できないんですけど。


ということで、今年もどこに寄り道するのかわかりません。
でもいちおう、今年の目標を「ピクトグラむかしばなし3D動画」としておきます(笑

コメント