キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

デッサン人形、失敗くん

デッサン人形のちょっと安心できる見た目のやつを目標に、blenderでモデリングしてクリスタモデラーでセットアップして…っていうのを繰り返す3日間。結果、失敗くんが6人できました。

1と2は、とりあえず形だけでも見たいと思ってテクスチャとかつけずに書き出してモデラーに持ってきてボーンを入れたもの。光源オンにしてなかった…

3と4は適当に何か貼り付けてみたもの。とりあえず見えるようになったので、なぞって描いてみたり。でも、立方体そのままの体型なので肩のあたりが参考にしにくいし、足の付け根の崩壊も気になる。

それで、もう少し丸く作って、そしてblenderでボーンも入れてきれいに動くようにしてからモデラーに持って行ってみることにしました。

それでできたのが5と6。テクスチャとボーンをちゃんと作ったのだけど、FBX形式だとテクスチャが持ってこれないし、obj形式だとボーンが持ってこれないしで、よくわかんないです…。

そしてボーンもモデラーに持ってきたら別の物に差し替えることになるので、その段階でウエイト付けが変わってしまい、今まで通りに足の付け根のあたりの形が崩壊するので、モデリングの基礎的なところがわかってない自分には限界かなぁと思いました。

クリスタ用の3D人形はこれでおしまいにします。むむ、、

久しぶりにモデリングしたけど昔と同じもの作ってる

LINEスタンプ用のたんさんちゃんとか、blenderで一番最初に作ったロボットは頭や手足が別々のオブジェクトなので操作はラクでした。


最初に作ったやつ


たんさんちゃんラインスタンプ

でも今回はそれっぽい形ながらもひとつのオブジェクトにまとめるのに挑戦しました。編集モードで目的の部分だけを選択・編集できるように、パーツを作るたびに「ひざ」「にのうで」など頂点グループを設定しながらモデリングしたら、それほど大変でもなくすみました。(でも左右対称の名前にするためのLとRを間違えて、うんざりしながら直したという、、)

アーマチュアの骨たちにも同じ名前をつけておくと、アーマチュアモディファイアを設定したときに、じつにきれいにセットされてくれます!


先日の落書きをもとに、各部分の割合をつくりました。


レンダリング結果。左はそのまま。右はスムースにチェック。形は変わらないのですが見た目が柔らかくなります。

別の下絵をもとに作るときは、これをもとにして割合を調整、顔の形を整えればOK。以前作った不思議な人達のデッサン人形バージョンも作りたくなりました。

本当はクリスタ内で完結すれば、ソフトを行ったり来たりしなくて楽なんだけど…。

Blender内でなら崩壊せずにきれいに動いてくれる。Blenderで下絵を作ってクリスタにもっていくの手間だけど、膨大な量の絵を描くわけじゃないからまあいいや。ってことにしよう。


髪の毛乗っけてみた。

コメント