キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

ブログ整理・タグをつけ直した

2018.6.5追記
SeesaaブログからWordPressに引っ越したのをきっかけに、カテゴリやタグを一新しました。(WordPressでは複数のカテゴリが指定できるので、今まで使っていたタグの一部をカテゴリにしました。また、タグが多くて煩雑だったので、必要と思われるものだけに絞りました。)
なので、以下は追って修正します。とりあえずはこのままで。

タグつけ直し終了しました。全部の記事に何かしらタグがついています。だいぶすっきりしました。タグクラウドを見るとブログの内容がだいたいわかるんじゃないかな、と思います。少々まだ直したい個所もあるけれど、とりあえずひと区切り。
ブログを始めたときにはタグをたいして重要視していなかったので、その場の思いつきでテキトーな言葉をつけたりつけなかったりしていました。だから、同じ言葉に違う漢字を使っていたり(三題噺・三題話とか)、どう考えてもつけるべき記事につけていなかったりして、ひどいもんだったですよ。(+_+)
タグクラウドの状態を見比べてみると・・・
■つけ直す前の状態。
タグつけ直し前
■つけ直した後。
タグつけ直し後


つけ直す前は、一度しか使っていないタグが無数にあるうえに、つけるべき記事に大事なタグがついてなかったのでブログの雰囲気が掴めない感じがします。かろうじて「昔話」「小昔話」「三題噺」「電子書籍」「PDF」というあたりが目立ってはいますが、あとは重要度の低い言葉が並んでいるだけで。自分で見ても、このタグなんだろう??と思うようなのがあったりしました。
つけ直した後は「お話作り」「作品」「昔話のこと」が目立ちます。それに準じて「三題噺」「小昔話」「日常」「体調」「食べ物」「思うこと」「ひとりごと」が大きく表示されていることから、お話作りのほかにも日記が多いのかな、その中ではワオキツネザルとか手製本の話題なんかが多いみたいだぞ、というようなことがわかります。
そしてその中のタグをクリックすれば、そのタグのついている記事や画像が探し出せるわけなのです。タグってこんなに便利なものだったのね!と思う瞬間です。

タグつけ直し作業のレポート

タグをつけ直すにあたり、最初にしたことは、使うタグを決めてしまうこと
全ての記事に何かしらのタグをつけて繋がりを作りたかったので、かなり許容範囲の広い言葉が必要でした。「日常(日常の出来事)」「思うこと(つよく思っていること)」「ひとりごと(くだらぬつぶやき)」がそれです。
それから、少し具体的な言葉。「参考にした本(記事内で本を紹介した場合にはかならずつける)」「作品」「昔話のこと」「お話作り」「三題噺」「PDF」「電子書籍」「手製本」「食べ物」「着るもの」「散歩」等々。
もうちょっと具体的な言葉として「料理」「縫い物」「ワオキツネザル」「上野動物園」「猫」「パブー」「ブログ整理」・・・。
60個ほど決めて、作業にかかりました。
つけ直しの作業中、事前にリストアップし忘れていた言葉も多く見つかり、それも加えました。それから、これはキーワードとして使いたいと思う言葉もタグとして加えました。たとえ一度か二度しか使わないタグでも、その重要な記事を探し出すのが容易になるものにはタグとしてつけました。「豆本作りの動画」「踊ってすりきれた靴」などがそれです。カテゴリや記事検索をあたるより、タグクラウドから言葉を探してクリックすれば間違いなく出てきます。
記事にタグをつけ直し終わり、画像にもタグをつけました。このブログのファイルは画像ばかり50点ほどでしたのでたいした苦労ではありませんでしたが、「画像にタグをつける」ということをいっさいしていなかったので、ちょっと新鮮な驚きが。

画像にタグをつけるときの注意点

画像(他のファイル、動画や音声にもタグがつけられるようです)にタグをつけるときの注意点がありました。
ファイルマネージャに画像をアップロードしてタグをつけた場合、その画像を記事で使っていなくてもタグがタグクラウドに反映されてしまうこと。
ということは、使われていない画像もタグから探し出されて表示されるということ。これがマズイと思うなら使うときまでタグはつけないでおいたほうがいい。
それから、そのタグの数がタグクラウドの文字の大きさにも反映されるということ。あまり重要でないコンテンツにたまたま画像が多く使われていて、それぞれタグがついていたとすると、ブログの内容とタグクラウドに不釣り合いが出てくるかもしれない。
たとえばこういうことです。
このブログにひとつだけ「たい焼き」について書いた記事があったとして、その記事にたい焼きの画像を20枚使ってあるとする。でも私はこのブログではたい焼きは重要なコンテンツでも何でもないと考えているから、記事にはただ「食べ物」というタグだけをつけている。
でも。ここで使っている20枚のたい焼き画像に「たい焼き」というタグを律儀につけていた場合、このブログでの「たい焼き」というタグの使われ状況は20個である、ということになる。そしてタグクラウドでは、かなりでっかい文字で「たい焼き」が表示される。
これを好ましくないと思うなら、画像のいくつか、あるいは全部から「たい焼き」というタグをはずす必要があるのです。
なので、全部の画像にタグをつけるかどうかは、ちょっと考えたほうがいいかも
・・・もしこのブログで、画像を20枚も使って力いっぱい書いた記事があったとしたら、間違いなく、すんごい重要なコンテンツのひとつだと思うけどね。笑
以上、タグつけ直しの報告でした。
このブログで使っているタグについては別記事で。

コメント