キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら
昔話のまわりをうろうろする

昔話の特徴をまとめる:3

◆昔話の特徴 の続きです ・登場人物は「すじ」を進めるための単なるコマである。(キャラは立てなくてよい)  昔話の登場人物は、実体のない「コマ」か「図形」のようなものです。生活環境や生い立ちなどを作り込んで「キャラを立てる」必要...
2013.06.14
昔話のまわりをうろうろする

昔話の特徴をまとめる:2

 実際は、昔話の持つ特徴のすべてが「語られる」という事から来るのではないのだと思います。口承文学は他にもたくさんあるのに、昔話にはそれ独特の特徴があるのです。  でも私には「語る、聞く」ものであるという理由がいちばんわかりやすい気がしまし...
2013.06.14
昔話のまわりをうろうろする

昔話の特徴をまとめる:1

自分用に「昔話のようなお話」の作り方(?)をまとめているところなのですが、その内容をちょこっとずつ。(ようするに日記に書けるようなネタがないのでありました) 自分用なのに他人に向けて書いているみたいな文章ですが、それは電子出版をもくろんで...
2013.06.14
昔話のまわりをうろうろする

お話の作り方が欲しい

先日から昔話の事について色々書いているけれど、私の目的は昔話の研究をする事ではないのであります。 昔話の心理学的云々とか、民俗学的にこれは何の名残であるとか、そんなことではなくて、 昔話のもつ独特の雰囲気がどうしてできるのかということに...
2013.06.14
昔話のまわりをうろうろする

昔話はどんな話か:2

ひたすらにすじを追う、というのがすべての根本だとすれば すじに関係ない事は語らない、説明しないというのももっともな事で それはお話に心を集中している聞き手に余計な負担をかけないための語り手の心得だったかもしれない 聞き手が、語...
2013.06.14
昔話のまわりをうろうろする

昔話はどんな話か

私は昔話という言葉の意味をえらくあいまいにとらえていたようであります。 「創作昔話を書いています」とプロフィールに入れているのに今更なにを、なんだけど…(アセ 今まで書いたお話には、これは昔話の形式にはあてはまらんだろうなー というよう...
2013.06.14
電子書籍

電子出版レポート:2

「小昔話2」がでじたる書房さんからぶじ出展になりました。 どうぞよろしくお願いしますペコリ。 1冊目の時に気になっていた、立ち読み画面の大きさ! 今回は開く設定を150%にしたのだけれど、やっぱり前回とおなじようにどでかい文字が…...
2018.06.11
昔話のまわりをうろうろする

モチーフの謎

気になっていた、モチーフという言葉の意味について。 24日にも書いたのだけれど、「モチーフ」をヤフーの辞書で引くと モチーフ【(フランス)motif】《「モティーフ」とも》 1 文学・美術などで、創作の動機となった主要な思想や題材...
2013.06.14
雑記帳

出世魚

夕方、弟が魚をぶらさげてたずねてきました。(昔話ではありません) 「アメ横に行ってきた帰り」なのだそうで。持っていたのはサンマ十匹ほど、サワラ七匹、イナダも同じくらい。 私が普段スーパーで買う魚は鮭、タラ、サンマ、イワシ、サバくらいなも...
小昔話(作品)

「ふたごの小石」

ふたごの小石 むかしむかしあるところに、大きな家と小さな家がありました。  大きな家には男の子が住んでいました。そして、小さな家には女の子が住んでいました。  大きな家は裕福で、たくさんの家具や、服や、本や、オモチャや、そのほか数えきれ...
小昔話(作品)

「不思議なお鍋の話」

不思議なお鍋の話 むかしむかし、ある町に、小さな料理屋がありました。料理屋には、腕のいいコックと、皿洗いの娘がはたらいていました。皿洗いの娘は、昼も夜もよく働きました。  小さな料理屋には、いつも、お客さんが何人も来ていました。お客さんた...
小昔話(作品)

「貧乏神の話」

貧乏神の話 むかしむかしあるところに、貧乏神がいました。貧乏神というのは、気に入った人を見つけると、その人の家に住みついて、その家の人を貧乏にしてしまうのです。だから、貧乏神はみんなに嫌われていました。村の人たちは皆、貧乏神が入ってこれない...
雑記帳

ほんとに風邪らしい

今日は起きてしばらくは何ともなかったのに、ふいにくしゃみと鼻水が出はじめて、夜になっても鼻むずむずが治まりません。昨日は半分冗談だったのに本当に風邪ひいたみたいです、ううう。 それでも今日も散歩に出かけ、夕飯は福しんでとんこつラーメン...
小昔話(作品)

「青い魚と白い魚」

青い魚と白い魚 昔々ある海に、二匹の小さな魚がいました。一匹は小さな白い魚で、もう一匹は小さな青い魚でした。白い魚と青い魚はとても仲良しでした。二匹は同じ家に住み、一緒にご飯を食べ、一緒に眠りました。二匹はいつも一緒でした。  ところ...
雑記帳

涼しい日でした

今日は天気が良かったので、夫婦で散歩に行きました。 しかし夕方冷え込んだので、私は腕に鳥肌、指先はしびれ、帰宅後は頭がぼんやりして鼻水たらり…ごはん多めに食べて(そんな必要あるのか?)少し眠ったのだけどまだすっきりしない気が。こりゃ風邪ひ...
スポンサーリンク