キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

「海の底の壺」

スポンサーリンク

海の底の壺

 昔々、ある海の底に、古い壺が沈んでいました。
 この壺は、海に沈む前は、蛇遣いが蛇を入れておく壺でした。蛇遣いは何年もの間、蛇遣いとして暮らしていましたが、やがて蛇遣いの蛇が歳をとって死んでしまったので、壺はからっぽになりました。

 ちょうどそこを、貧しい娘が通りかかりました。娘は蛇遣いの持っている壺を見ると、言いました。
「ああ、蛇遣いさん、もしもその壺がもう要りようでないなら、どうか私にくださいな。大事な水がめを割ってしまって困っているんです。」
蛇遣いは、壺を娘にあげました。

 貧しい娘は、蛇遣いにもらった壺を持って、毎日川へ水を汲みに行きました。あるとき、一人の商人が、その壺に目を留めました。その壺は、よく見るととても立派で、宝石がいくつも埋め込まれていたのです。商人は貧しい娘に言いました。
「もし、娘さん。毎日川へ水を汲みに行くのは大変だろう。私がお宅に井戸を掘ってあげるから、かわりにその壺を私に譲ってくれないかね。」
 娘は喜んで承知しました。娘の家には小さな井戸ができました。そして商人は立派な壺を手に入れました。

 商人は、壺をきれいに磨いて、高い値段をつけて自分の店に並べました。するとその店の前を、世界一の大富豪が、ラクダに乗って通りかかりました。そして商人に
「これはなかなか良い壺だ、もらおう」
と言って、ついていた値段よりも高いお金を出して、その壺を買いました。

 壺を買った大富豪は、自分の国に帰るために、大きな船に乗りました。壺も、他の高価なお土産も、一緒に船に積み込みました。
 そしてある真夜中、大富豪の船が、海のまん中まで来たときです。いつの間にか、真っ黒な幽霊船が大富豪の船にぴったり寄り添っていました。幽霊たちは次々に大富豪の船に乗り込みました。そして高価な品々をぼろぼろのポケットに突っ込んで、不気味に笑いながら幽霊船へ戻って行きました。
 そして最後の幽霊が、あの壺を見つけました。幽霊は壺の中を覗きましたが、中は空っぽでした。幽霊は、ちっ、と舌打ちをして、
「空の壺など要らぬわ」
と言い捨て、幽霊船に戻りました。そして大富豪の船に呪いをかけて、海の底に沈めてしまいました。

 そんなわけで、壺は今も海の底に沈んでいるのです。

妖怪(魔物)が幽霊にとってかわっているので、反則です – -;
めでたしめでたしにならなかったのもちょっと残念。もしくは怪談風(?)ならはじめからそうすれば良かったのだけど、書きながら考えていたので方向があっちこっちになってしまいました。

コメント

  1. たぬうさ より:

    え?妖怪(魔物)カテゴリで、幽霊はオッケーなのでは?お化けと妖怪は仲良しこよし♪お話の流れにも合っていると思います。
    久子さんのお話を読んでいると、いつもどこかでほろりとさせられます。今日のツボは冒頭の壺がからっぽになってしまったわけのところでした。またポイントのずれた読みをしてすいません。まあ、空にならなければ海の底へ沈むこともなかったわけなので、重要箇所なのですが、感想として「ほろり」は違うよなあ。
    失礼しました。

  2. りぶ より:

    こういう続きを自分で想像させてくれるお話もいいですねー完結していないのもよきかな^^

  3. 久子 より:

    たぬうささん
    「妖怪(魔物)」とは別に「幽霊」を組み込んであるんです- -; 私じゃない方がひいたのなら良いけど、その事実を知っておる本人であるからして、やっぱり反則だよねー。
    ひとつのものに対してどこがいちばん心にかかるかというのはみんな違うので、どんなご感想でもオッケーです、お気遣い無用で。しかも予想外に「ほろり」なんてしてくれたりすると、作者は「しめしめ」なのです(笑
    じつは壺の中に蛇の幽霊が住んでいて大富豪の船を幽霊たちから守った、なんて展開も面白かったんだけど、なにせこの字数では無理。にゃはは。
    りぶさん
    満腹ではなく腹八分目な感じでしょうか、もうちょっと食べたいのに、みたいな。(笑