キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

SOY CMSの、ラベルと記事とブログページの関係を絵にしてみた

今日の記事は、一ヶ月ほど前の「SOY CMS」の使い方を把握するのに苦労していたときのメモ書き。同じような苦労をしている方がいたらお役にたてるかもしれないと思うので、記事にしました。

スポンサーリンク

ラベルと、記事と、ブログページの関係

自分なりに「こんな感じだと思う」の絵を描いてみました。まずラベル。ラベルは、タグのようなものと思っていいみたいです。

ラベルは、記事と、ブログページに設定します。大事なことは「ブログページには、ラベルをひとつ、かならず設定する。

記事は、書かれた原稿用紙。ブログの記事のような「記事」でも、各ページに共通の部分(ナビ部分、フッターのコピーライトテキストなど)でも、何でも書けます。

後に、ページごとに「どの記事のどの部分(タイトル、本文、追記、作成日)を表示させるのか」を設定します。

同じ記事を複数のページに表示させることもできるので、ナビ部分やフッター部分を記事として作っておけば、修正の必要が生じたときには記事を修正するだけで全部のページが修正されるので便利です。

そしていちばん理解しにくかったのがこれ。SOY CMSで作れるページには「標準ページ」と「ブログページ」があります。標準ページは普通に1ページ増やすという感覚でいいんだけど、ブログページというのがつかみにくかった。結局、ブログページはページではなく「箱」だと思うのが理解しやすかったです。

「新規ページ作成 > ブログページ」でできあがるのは、箱。箱にはラベルがひとつついていて、同じラベルがついている記事をこの箱の中に入れることができる。
箱に「この記事を表示してね」っていうと、箱はその記事をブログみたいに表示してくれる…、という感じ。

そして、猫ラベルの箱に、猫ラベルとおにぎりラベルがはってある記事を入れた場合、この記事は「猫ラベルブログの、おにぎりラベルカテゴリの記事」ということになります。(カテゴリに使うラベルは、あらかじめ、ブログページの設定で設定しておく必要があります。)

猫ラベルとおにぎりラベルとドーナツラベルがはってある記事は、「猫ラベルブログの、おにぎりラベルカテゴリの記事でもあり、ドーナツラベルカテゴリの記事でもある」ということになります。

このSeesaaブログでは、カテゴリとタグはまったくの別物です。しかしSOY CMSのブログページの中では、ひとつの記事がふたつ以上のカテゴリを持つことができます。SOY CMSのブログページのカテゴリは、Seesaaブログのタグとほぼ同じと考えていいみたいです。

コメント