白雪姫

昔話のまわりをうろうろする

シンデレラの心は揺れていた。【昔話の「三回くりかえし」の意味】

シンデレラは三度、舞踏会にいっています。そして一度目の舞踏会ですでに王子にプロポーズされてるのに、その日はにげかえってきてしまいます。次の日も、その次の日も。 一度目で王子と結婚してもこのストーリーは同じ結末を迎えられるのに、なぜシンデレラは三回もにげかえってしまうのか。 この記事ではシンデレラのあらすじ紹介から、シンデレラ特有のくりかえしの意味を解説していきます。
2021.06.08
マンガ

【マンガ】白雪姫殺しを他人任せにする王女の結末

アイツ「もし、美しいお嬢さん」 白雪姫「あら、わたしのことかしら?」 アイツ、ドキッとする アイツ「こ… この美しい死の指輪をあげよう。あんたのような美しいお嬢さんにぴったりだ。さあ、手をお出しなさい」 白雪姫「まあ、ありがとう」
マンガ

【マンガ】白雪姫、火葬されそうになる

「だめだ いずれ肌は紫色になり肉も腐って虫がわく。そんな白雪姫を俺は見たくない!」「では、この世で一番高い山のてっぺんに運んで火葬にしよう。そうすればきっと、すぐに天国に行ける。」 ナレーション「小人たちは、白雪姫をこの世で一番高い山のてっぺんへ運びました。」
タイトルとURLをコピーしました