キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

今日のスケッチ・そのへんをテキトーに…

やる気のないタイトルですみません。あまりやる気の出ない一日でした。

昨日のスケッチが、いつもとあまりに調子が違うので、いったいその原因は何なのかと考えました。そして、本来ならどんなふうにできあがったものだろうか、とも。

今日の画像はごちゃごちゃ描いた一枚です。(昨日、始めにまん中に柵を描いて手前に街灯を描いて、そこでやめちゃった紙です。)

左下にある風景は、いつも部屋の中で気負わずに描くときのようだったら昨日の風景はこんなふうに描いただろうと思える感じで、昨日の風景を描いてみたものです(見ながらじゃないので細部はいいかげんですが)。そう、こんな感じで描けていたらよかったのですが。

柵や杭が何本とか、マンションの窓はいくつだとか、そんなことをただつまらない仕事をするようにかき写す絵を描きたいわけではなく、紙の上に世界がどんどん広がっていくのを楽しいと思いながらスケッチをしたいのです。これを、昨日はすっかり忘れていました。
忘れてしまった原因はたぶん、人目を気にしたから(笑)。人はほとんど通らないんですけどね。それから、部屋の中とはあまりに違う環境なので、いつもの感覚を最後まで取り戻せなかったんだろうな、と思います。こまごましたものではない、あまりに大きな川や建物を、どうとらえたらいいのかわかりませんでした。でも対岸の建物も、テーブルの上の箱やベッドの上の丸めた掛け布団と同じように、描けば、いいんだよね。

時々upしている散歩中のスケッチは小さなノートなので、スケッチしてるふうに見えないだろうなという安心感があり、たいして緊張もせず描いてます。

それから、まわりのごちゃごちゃについて。
TVのリモコンははじめに失敗してから何度か描いてみてます。ボタン全部をだいたいいい位置に描けるようになりました。(間違えた線が大きく飛び出ていますが)
それから私のメガネ。二種類、プラスチック枠のとメタル枠の。左右のレンズの形が揃っていませんね(+_+)
それから、ゴミがいっぱい入ってるゴミ箱。
ティッシュの箱。ボールペンの頭と、スポイトと水入れ。水入れの口、真上から見たように丸くなってしまいました。


いずれは、大きな紙に面白い楽しい美しい風景を広げていって、これでもかっていうくらい描き込んでみたいのです。不思議で美しくて…のあの世界のイメージを私の目で見えるようにしてみたいんですよ。

ただそれを唯一の原動力に(?)、明日からまたガンバリマス。

コメント