キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

あっという間に描ける絵を目指そうと思う

さてさて。いきなり反省。

動画の絵を、考えなおさなければなりません。もっと一瞬で描ける(?)簡単な絵にしなければと。

理由はふたつ。

ひとつめは、先日upした動画、どこも頑張っていないとか言いながら、よく考えたらけっこう頑張って絵を描いてしまっていました。あんな絵だけど5日間くらい机にひっついてた。おかげで足がむくんで痛くて、これじゃ、続かないかもって思った…。(-_-;)

痛くて歩くのもやっとで、これ治らないんじゃないかと怖くなったのですが、治りました。でも少々痛みが残ってます。ポンコツ街道まっしぐらな感じがしてきます。なるべく机にひっつく時間を少なくしようと思ってます。

ふたつめは、もっとシンプルにしないと、見る人の空想の楽しみをなくしてしまうように思うので。

私がこういう動画を作る目的は、昔話をひとりごとのように口ずさみやすくしてそれを聞いてもらうこと。なので本来なら絵は必要ないのですけど、絵があることで言葉のわからない外国の人達にも話の内容が伝われば楽しんでもらえるのではないかな、と考えたわけなのです。(本当は、外国語の字幕をつけられたらいいなと思うんですが)

なので最低限の意味が伝わる絵でいいんですけど、つい、鬼の胸毛だの村人たちの様子だのを面白がって描き込んでしまいました。主役の桃太郎はあんななのに。(笑)

しかも、描き込めば描き込むほど、見る側の空想は広がらなくなる。下手な絵をつけることで空想の楽しみを奪ってしまう。それを、忘れてました。つい自分が面白くていっぱい描いてしまった…

でも何も考えずに描いたらああなったので、シンプルに描くとなるとぐんと難しくなると思うんですが、…そこはなんとか解決せねば。うぐぐ。

コメント