キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

イメージさせないようにする事も必要である

 昔話について一時期流行った「本当は恐ろしい」とか何とか。あれは世の大人たちの想像力がたくましすぎたおかげだと思います。

 悪い継母が最後に処刑されたり、謎かけ姫のお城が求婚に失敗した者たちのどくろでできていたりという、ちょっと聞いただけではあらぬ想像をしてしまうような場面が昔話にはありますが、これも他の場面同様に詳細を描写されてはいません。簡単な言葉でそれが述べられているだけです。
 美人を思い浮かべる際にはっきり具体的な容姿を描かなくても事が足りるように、ここでも聞き手は、はっきり具体的な場面を見る必要はありません。ただ「継母が処刑された」とか「謎かけ姫のお城は失敗者のどくろでできている」という事実が心に留まれば良いのです。
 悪い者が最後に滅びるのは「片付けなければならないことがきちんと片付く」という意味で必要な事だし、どくろでできたお城は大勢の失敗者たちを「象徴的に表わしている」に過ぎないのだと思います。

 でももしここに詳細の描写が始まったら、大変な事になります。残酷に苦しむ場面や、失敗者の無残で生々しい姿を述べたら、そんな恐ろしい場面は強烈に聞き手の印象に残ってしまいます。恐ろしさにショックも受けるでしょうし、動揺もします。きっとお話を聞くどころではなくなってしまいます。

コメント