キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

昔話のかけらを集めてみる、ほか、やりかけのことについて

先日、作品倉庫サイトのリニューアルがほぼ終わりました。リニューアル作業に使ったCMSがわりと使いやすかったので、サイト内にこんなページも作ってみました。「昔話のかけら

自分だけの楽しみに作ったものですが、もしこういうのお好きな方がいらしたらどうぞご利用ください。ながめておなかいっぱいになるもよし、ネタ探しに使うもよし。
ただし私のネタ帳なのでデータは私の視点で作られてます。お好みに合わないかもしれませんがどうぞご容赦ください。

以前から、昔話みたいなお話を作る方法ができないものかとか、昔話のエピソードをパズルのピースにしてどうにかしてボタン一つでお話ができないものかとか、形にならないことばかり考えて、結局、「自動的にお話ができる方法などない」という結論を出したわけなのだけれど。
でももし方法らしきものがあるとしたら、昔話にどっぷりと浸かることじゃないのかな、と思います。そのひとつの道具として、ずらずらと並べてながめておなかいっぱいになるためのものを作ってみようかな、という気になりました。それがこれ。

とりあえず外枠はできたので、どんどんデータを追加、あるいは修正していきます。まだ数日しか経っておらず、データが少ないし書き方の統一もできていないのですが、徐々に整えていければいいなと。ひとまずご報告でした。


他にもやりかけの気になっていることが色々。
そのうちの、絵の練習については、スケッチにこだわらず何かしら絵を描くようにこころがけること。
それから、キンドル本については、ひとつの物語を一枚絵の集まりでつくる絵本というよりは、昔話のかけらてきな要素を、コマ割りした絵でつらつらとつぶやいていくような感じが私にあっているような気がしているので、そのへんに向かって準備しようと思います(考えてみれば最初のラクガキそのまま、です。笑)。でき上がるのは来年か、再来年か、という感じです。気長に構えて頑張ります。

コメント