キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

グリム童話でクロスワード

ただいまプチ休暇中。ただただ体をやすめるべく。

再話だろうが創作だろうが、とにかくお話作りに行き詰っている今日であります。時間がないというのはもう完全に言い訳でしかない。精神力が、、、

行き詰っているからというわけではないが(いや、行き詰っているからこそだろう・・・)、人生初、クロスワードパズルを自作してみました。

テーマはグリム童話の「踊ってすりきれた靴」。マスをうめるのみでオッケーです。

踊ってすりきれた靴
十二人の美しいお姫さまがいて、夜は外から鍵のかかった大きな広間で眠ります。だから夜の間はどこへも行けないはずなのに、朝になるとお姫様たちの靴はぼろぼろにすりきれているのです。
王様はおふれを出し、この謎を解いた者をお姫さまと結婚させて国を継がせることにします。よその国の王子様たちはみな謎解きに失敗して命をなくします。ところがあるとき、ひとりの兵士が謎を解きにやってきます。・・・

たてのカギ
1.踊ってすりきれたのは誰の靴?
2.一晩中踊ったらきっと棒になっちゃう
3.謎を解くのに失敗したら失くしてしまう
4.姿を消せるマントまでは売ってないと思うよ
6.黒いスミを吐いて白い身を守る
8.メレンゲ作ると残っちゃう

ヨコのカギ
1.兵士が枝を折る○○に、末姫はおびえる
2.結婚してからこれが生まれることってあるかしら
4.お姫様たちのように美しい、満開の染井○○○
5.なかなか出口まで行けない!
7.兵士が金・銀・ダイヤモンドの枝とともに、王に差し出した証拠の品。葡萄酒を飲むのに使った
9.カラスが隠れるならここがいちばん

お好きな方はやってみてくださいませ。答えはこの記事の最後です。
パズルを解きながら、このお話読んでみたいなと思ってもらえたら、ワタクシてきには大成功です。

「クロスワードパズルを作るなんて、ははーん、TVのお小遣い稼ぎ特集でも見たか」と思ったあなた。
…はい、そのとおりです。(笑)

しかしお小遣い稼ぎはすぐにあきらめました、雑学流行一般常識等々にまるでうとい上に勉強もできない性分なのは充分自覚しておりますゆえ。
でもネットで色々調べたり、クロスワードパズル雑誌を買って実際に解いてみたり(昔新聞の日曜版のパズルを楽しみにしていたのを思い出した。じつに二十数年ぶり!)、『遠山顕のクロスワードの謎 (生活人新書) [新書] / 遠山 顕 (著); 日本放送出版協会 (刊)』を借りて読んでみたりして、

作るの面白そうだなー

って思ってしまったのよね。
テーマを決めて、言葉を選び、パズルの面白さを左右するカギの文章を考える…。これってお話を作るときの面白さに似ているんじゃないか?
って。
で作ってみた。
本当は全部の言葉をお話の中から選びたかったけれど力不足でそれができなかったのがちょっとくやしい。

解きながらそのお話の世界を楽しめちゃうパズルが作れたら面白いな、と思ってます。・・・って、まだ作るつもり??
ま、行き詰り解消までの息抜きで。

では答え。

コメント

  1. へ~すけ より:

    「踊ってすりきれた靴」というおはなしは読んだこと
    なかったです。知らない状態でクロスワード解いてみて、
    3つほどわからなかったので、読みました(笑)
    おはなしのキーワードで出来たクロスワードパズル、良いですね。
    僕の方も、なかなかゆっくり新作を作るヒマが・・
    というより気持ち的ゆとりが(^^;
    おならをした時に5行ずつ書いてく、という風にすんなり
    アイデアが出ればもうとっくに完成してるだろうけど。。

  2. 久子 より:

    へ~すけさん、クロスワード解いてくださったんですね。しかもお話まで読んで。ありがとうございます。ううう(感涙)
    本文にも書きましたが、本当はイカだのよろずやだの余計な言葉を入れずに作りたかったんです。カギを読んであれこれ考える段階で、そのお話の雰囲気をあじわえるという。
    そして参考にした本が翻訳に古めの言葉を使ってあるので葡萄酒とかさかずきとかの言葉を私も使ったんですが、近年の翻訳ではワインやワイングラスというわかりやすい言葉のものもあって、たとえばパズルが子供向けだったらそういう言葉のほうがいいのかなとか考えたり。
    私も本当に行き詰まっていて、作るというよりももう世の中にお話いっぱいあるんだからそれ読んでしあわせにひたってればいいじゃん、みたいな気持ちにまでなって(オイオイ…)
    なのでしばらくはパズル作ったりしつつ、まだたくさんある知らない昔話を読み、落語のDVDを見たりして過ごそうかと思っておりまする。

  3. へ~すけ より:

    僕もクロスワード作りに関する本を読んだことがあるのですが
    全部のワードを一つのテーマで統一するのって、慣れてる人でも
    かなり大変らしいですよね。なので、2つや3つ、関連のない
    ワードが入っていても仕方がないかと思います。僕は十分、
    解いてる最中にカギを読みながら、おはなしの雰囲気を楽しめました。
    充電期間は必要ですよね。バッチリ充電して、またおはなし聞かせて下さい。
    クロスワードパズルも楽しみにしてます。

  4. 久子 より:

    ハイ、ありがとうございます。
    色々片付けつつ、充電しつつ、また軽やかに動けることをめざします。