キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

即席はムリなのか

今日もつまらぬ写真を一枚

ノートの絵をPCに取り込みたかったのだが、我が家のスキャナーは旦那の支配下にある。で面倒くさくてデジカメで。こんな絵だからゆがんでもオッケーだし。

お話の作り方作り方と思い続けていたのだけれど、あらためて、? と思うこと。

今まで「作り方」としてイメージしていたのはかなり即席なもので…
ストーリーの枠組み(公式? 型?)があって、そこにパズルのピースみたいに適当に選んだ言葉を入れて行くと適当なお話ができる → いくつもそれを作れば偶然に面白いものができるかもしんない → これならラクしていくらでもお話ができるぞ → だからその「枠組み」をどうやって作ろうか
みたいなものであった。

このごろ頭がどうかしてしまったのか、三題噺スイッチのお題でわりと簡単に場面が浮かんでくる(どうか夢ではありませんように)。お話ではなく、ちっぽけな些細な一場面だけれど。
そこから考えを広げていくと、あれ、意外に色々思いつく…慣れてきたのか? それとも惚けたか?
んで大筋らしきものができたら、そのつぎに昔話っぽい方向へ持って行って…云々、云々
あれ、できそうだ…

つまり即席でピースをはめ込んで何かできないかという「方法」でなくて、自分でウンウン考えないとお話はできないのかもなぁと思ったり。
だっていくら頭をしぼっても、今見いだせつつあるものは枠組みとか型とかでなく、ただ「考えを広げるための手がかり」だけで、、

うう、やっぱりラクしたいー

コメント