キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

ポリープさん

ああ、まいったまいった。

ちょこっと入院して、内視鏡で大腸のポリープを切除してもらいました。
きっかけは「ん?出血してる・・・かも。」

ちょうど無料のがん検診の時期だったので、大腸がんの検査(便潜血検査)を受けてみましたら、やっぱり潜血反応が。んで、迷ったあげく、病院の名前はちょっと人に言いにくいけど(笑)わりと評判の良いらしい「○○外科肛門科医院(一部伏字)」へ。
検査の予約のための最初の診察で、先生が「たいていの人は痔だから、心配しなくて大丈夫だよ」と言ってくださったのですが、検査してみたらS状結腸に1.8cmのポリープが鎮座しておりました。
で、一週間後に入院、切除。二泊三日で昨日退院してきました。病理検査の結果は二週間後。

検査の前に下剤を飲みきれなくて吐いてしまったために浣腸されたり、入院中は吐き気がして薬を変えてもらったり胃痛がしたり下痢をしたり、どうも体調は散々だったのだけど・・・
前の入院のときと同じく、一日中ひとりで家のことを何もせずに過ごせるのはチャンス!とばかりに、本を二冊とノートを持参して、それに使える時間はずっとノートに向かって考え事でした。(おめぇは入院しなきゃ話が書けないのか!って言われそう、、)
でもね、普段、日々の雑事で頭がいっぱいなせいで、その雑事をちょっと片づけてからでないと、お話に気持ちを切り替えられなかった、、ようやくお話にほとんどの気持ちを持って行けてからも、時々雑事がぽっと入り込んできて、ノートはどっちもごちゃまぜで書いてある。それでも、お話のきっかけ(アイデアと言っていいのか?)みたいなものはたくさん考え付いたので、収穫は大でした。どんどん書き進めなきゃね。

雑事のほうはおもに、収入です。どうにかして収入を増やしたいのだがどうやって、という。住まいを購入したいとけっこう真面目に考えているのに頭金らしき数字が見当たらず、けっこう年齢がいっているのに収入がこれまたけっこう少ないからローン借りるの怖いしなー、いやそれ以前に借りられないだろうなーと、、、。そしてやっぱり何も考え付かず。
ネットでの物件チェックは欠かさないし、設備はこうしようああしようと考えているのに、先立つものがないという、これでは笑い話ですなー。散々新居自慢しておいて「で、いつ引っ越すの?」「何言ってんだ、まだ家買ってねーよ」みたいな。あ、なんか書けるかな。

んなわけで先週末は散歩には行けず。天気良かったのに残念。ワオキツネザルは育ったかな。(笑)

コメント

  1. りぶ より:

    大変だったですね。病気のことはよく分からないのですが、きっと久子さんなら大丈夫!と確信しています。家はうちはもう諦めました。婆になってもその頃には不動産だぶついているだろうから借りられるだろうと。いーじーなやつです^^無理しないでね。

  2. 久子 より:

    りぶさんどうもありがとう。結果がどうであってもまっすぐ受け入れます、大丈夫。
    私、将来ずっと家賃を払い続けられるのかと不安になってきたんですよ(笑)年寄り二人でねぐらを追い出されたらたまらんなーと。だったらちょっと頑張るほうに思考を変えてみましょうか、ということなんです。でも立派なのは気持ちだけでお金と体力にはやはり自信がないわー。