キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

大晦日、手製本と豚の角煮と来年への思い

ぼさっとしてるうちに(?)大晦日になってしまいました。
今年一年、このサイトに遊びに来てくださった方、お話を読んでくださった方、コメントをくださった方、どうもありがとうございました。
マイペースではありますがこれからもお話作りを続けて行きます。また来年も遊びに来てください、楽しみにお待ちしております。

今年中に一冊ハードカバーに仕立ててみようと思っていたのだけれど、他のこともやりながらのろのろしていたら間に合わずでした。いちおう紙の裏表に印刷して四枚ずつ重ねて折ってのレイアウトで版下を準備して、試し印刷&折って重ねる、というのまでさっき済みました。ページの抜けやミスがないかチェックしてから本番の紙に印刷して、糸で綴じてカバーをつけて仕上げます。でもあとの作業は来年です。

さっきTVを見ていたら、「携帯をいじって18歳で年収4,000万円」なる人物が紹介されていました。どうせ株かなんかだろうと見ていたら、意外なことに携帯アフィリエイトの収入なのだそうです。でもアフィリエイトでそんなに儲かるはずないでしょ??と思ったら、なんと、運営しているサイトが5,000サイトもあるのだとか。
ということはひとつのサイトあたりの年収はたったの8,000円、月収にしたら約667円・・・。
どうせ変なカラクリであの小太りの人みたいに儲けているんだろうと一瞬でも思った事が申し訳なくなりました。真面目に、しかも猛烈に働いているのだなあ、若いのにえらいなあ、と一気に好意的に、、(笑
私もアフィリエイトでちょっぴりの収入はあるけれど(マジにちょっぴり)、ソレかける何千サイトくらいにやらないと儲からない(逆に言えばそれくらいやれば儲かる)ってことだよね、、でもどんなに簡単なサイトでも何千も作るのは猛烈に大変ですよ。
月収100円のサイトで35万円の生活費を稼ごうとしたら3,500サイトつくらにゃならん。
・・・どうする。

お正月に実家に持って行って食べようと、豚の角煮を作りました。今まで圧力鍋についてたレシピで作ったり、圧力鍋の本にのっていたレシピで作ったりしてみたんだけれど、脂身は柔らかくなっても赤身の部分はパサパサになるのでいまいち不満が。
で検索。便利な世の中になったもので、検索すれば何でも出てくるのですなあ。あの2chにまで角煮情報があるのには驚きました。で、柔らかく作るには、
80度くらいの温度でゆっくり煮る
空気に触れないように落とし蓋をする
などなど、、だそうです。
ストーブの上で煮るとか、炊飯器に入れて保温にしておくとか。
煮るのではなく蒸すというレシピもありました。
で今回は、下ゆでならぬ「下蒸し」をしてみました。ここの最後のところを参考に、切った肉を一人用の小さい土鍋に押し込んで蒸し器に入れて蒸すこと5時間。そのあと鍋に移して味付け。コンロに焼き網を置いて、その上に鍋を乗せてとろ火で。
で。箸でつついてみたところではだいぶいい感じなのですが、実家に持って行くまで食べられないので(肉代は弟持ちなので。笑)成功か否かはそれまでおあずけ。今冷凍庫で凍ってます。

今年は去年に引き続き、お金と膝の心配ばかりしていた一年でした。膝の心配はこれからも続くだろうけれど、お金の心配くらいは何とかしたいものです。
そして来年は、もっともっと面白いお話をたくさん作りたいと思っています。(やる気だけはあるのだ、、)

ではでは皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

コメント

  1. りぶ より:

    そろそろいいかな、とこっそり出てきました。
    久子さん昨年は本当にお世話になりました。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
    久子さんのお話楽しみにしています(新年早々プレッシャーをかけるわけではありません)。
    2008年は沢山いいことがありますように!

  2. 久子 より:

    りぶさん、こちらこそ昨年はたいへんお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
    プレッシャー?いえいえ、ちょっとプレッシャーかけてもらったほうがやる気が増します、助かります。(嫌々していることだとそうもいかないけどね、笑)
    今年は皆が心配事が少なく元気で暮らせますように、来年も再来年も元気で暮らせますように。と手を合わせてまいりました。
    りぶさんにも良いことがたくさんありますように!