現実逃避

だらしなく毎日が過ぎてゆき、宿題はどんどんたまってゆく。

どうしようもないと思える現実と自分なりに折り合いがついていてこその現実逃避なのであって、
心地よい逃避先から戻ってきたときにどうしようもない現実がよけいに虚しくなるようなら現実逃避の意味がない。

とかここでぽつってみてもしかたがないのはわかっておるの。
恒例の沈みモードですかな。
そろそろ頑張るかにゃ。

雑記帳
スポンサーリンク
hisakoをフォローする
「塑田久子、お話を作る」の記録ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました