キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

松の木の上の猫

今日もいつものように散歩に行きました。
んで、いつものようにおなじみの猫の鳴き声が。立ち止まって、その猫がタターと駆けてくるのをまっていたのだけど、今日はなかなか姿を現さない。でも鳴き声はすぐ近くで聞こえてる。いったいどこに???
そしたらなななんと。
上です。松の木の枝の先の葉っぱの上。そんなところにいて枝は折れないのか?って感じで。(汗
きっと他の猫に追いかけられて逃げ登っちゃったんだろうなあ。若いときは気の強い猫だったのに、歳をとったらこれだもんね。年には勝てませんな、お互い。
猫も降りようとするのだけど、飛び移ろうにも目標まで距離があり、どうしようどうしようといった非常に困った顔つきでした。
旦那が近くまで行って、持っていたカバンを両手で持って「これに飛び乗れ」って感じにさし出すと、おそるおそる前足を乗せて、それからえいっとカバンから旦那の本体に飛び移りました。ぶじ救出。良かった良かった。
その後は何ごともなかったように元気にいつもどおり。(笑

帰りは小雨にあいました。明日は雨なのだよね、出かける用事があるのに。しくしく。

コメント

  1. のこ より:

    久子さん 先日はよくぞお出まし頂いて とっても嬉しかったです~♪
    いやー笑っちゃいました「旦那の本体」 この一言が ドツボにはまっちゃいました(爆)
    それにしても今日は 何で又こんなに寒いのやら むむむ
    このままだと 久子さん早くも冬眠か??

  2. 久子 より:

    のこさん、こちらこそ来ていただくばかりですみません、どうもありがとうです。
    一気に寒いですね、暖房器具を出すと狭い部屋がますます狭くなるので困るのです、もちょっとこの気温を保って欲しいなあ(涙)
    人生いつまで続くかわからんと思うと(笑)なんだか冬眠も勿体ない気がしてくるので、今年は着膨れしながらPCのキーをたたいて過ごそうかと思っていますです、わはは。