キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

作品

小昔話(作品)

「黒雲に乗ったさるがみ」

今日は「黒雲に乗ったさるがみ」を。 これは出来上がるまでにだいぶ捏ね回しました。作った、組み立てた、という言葉が丁度合う感じです。ひなたむしは「いいこと思いついた、ラッキー」みたいに出来たけれど、実際そんなことはあまりないので、組み上げた...
小昔話(作品)

「とかげのしっぽ」

今日は、「とかげのしっぽ」を。 とかげのしっぽ 昔々あるところに、とかげが一匹おりました。  とかげは日なたでじっとして、体を暖めていました。そして体が暖まったので、自分の家に帰ろうと、チョロロと動きました。  ところが、それをいたず...
小昔話(作品)

「ひなたむし」

三つ書いたお話、どれから読んでもらおうかなと少し考えまして… ひとつは「黒雲に乗ったさるがみ」。手術日を挟んで三日ほどで書きました。はじめにあまり具体的なイメージがなくて、書きながらあっちを直しこっちを直しそっちを変更等々、しまいには登場...
小昔話(作品)

牛乳瓶のフタと、「小さな小太郎」

昔話のことを色々と書き連ね(しかもほとんど引用文)て疲れてしまったあと、じつはこっそりこんなもんを作ってました。 丸いのには昔話にありそうな出来事が書いてあり、それを並べてすじを考えます。カラフルにしたのでちょっとゲームのよう...
小昔話(作品)

「ふたごの小石」

ふたごの小石 むかしむかしあるところに、大きな家と小さな家がありました。  大きな家には男の子が住んでいました。そして、小さな家には女の子が住んでいました。  大きな家は裕福で、たくさんの家具や、服や、本や、オモチャや、そのほか数えきれ...
小昔話(作品)

「不思議なお鍋の話」

不思議なお鍋の話 むかしむかし、ある町に、小さな料理屋がありました。料理屋には、腕のいいコックと、皿洗いの娘がはたらいていました。皿洗いの娘は、昼も夜もよく働きました。  小さな料理屋には、いつも、お客さんが何人も来ていました。お客さんた...
小昔話(作品)

「貧乏神の話」

貧乏神の話 むかしむかしあるところに、貧乏神がいました。貧乏神というのは、気に入った人を見つけると、その人の家に住みついて、その家の人を貧乏にしてしまうのです。だから、貧乏神はみんなに嫌われていました。村の人たちは皆、貧乏神が入ってこれない...
小昔話(作品)

「青い魚と白い魚」

青い魚と白い魚 昔々ある海に、二匹の小さな魚がいました。一匹は小さな白い魚で、もう一匹は小さな青い魚でした。白い魚と青い魚はとても仲良しでした。二匹は同じ家に住み、一緒にご飯を食べ、一緒に眠りました。二匹はいつも一緒でした。  ところ...
小昔話(作品)

「カエルの王子さま」

カエルの王子さま 昔々あるところに、たいへん美しい王子がいました。  王子はあるとき、森を散歩したくなりました。そしてひとりで森に行きました。しばらくあるくと、きれいな泉がありました。泉からは不思議な歌声が聞こえるような気がしました。王子...
小昔話(作品)

「カッパと山姥」

カッパと山姥 むかしむかし、山奥に、山姥がひとりで住んでいました。山姥の家の庭には、小さなきゅうり畑がありました。  山姥の家の近くには小さな池があって、その池には、小さなカッパがひとりで住んでいました。  カッパは時々山姥の家に遊びに...
小昔話(作品)

「眠れなかったおかみさん」

眠れなかったおかみさん 昔、旦那さんをなくしてひとりになってしまったおかみさんがいました。おかみさんは、あたらしい暮らしをしたいと思い旅に出ました。家もまばらにしかない田舎の道をあるいているとき、おなかがすいて、ふと見ると、そこに小さな食堂...
小昔話(作品)

「金色の小鳥」

金色の小鳥  昔、遠くに海が見える丘に、大きな木が一本立っていました。その木のそばには小さな家があって、お父さんとお母さんと小さな女の子が仲良く暮らしていました。  お母さんはこの大きな木が大好きで、晴れた日には木の下に座り、お芋の皮をむ...
小昔話(作品)

「三匹のねずみ」

三匹のねずみ むかしむかしあるところに、三匹のねずみの兄弟が仲良く暮らしていました。  ところが、ある日、食べ物を探しに出かけたいちばん上の兄さんが、いつまでたっても戻ってきませんでした。  残った二匹は心配して、兄さんを捜しに出ました...
小昔話(作品)

「ころがりたまご」

ころがりたまご むかしむかしあるところに、ニワトリ小屋がありました。ニワトリ小屋にはめんどりがいました。ある朝めんどりはたまごを一個産みました。 そのたまごは、産み落とされるとすぐにころころ転がって、ニワトリ小屋の外に出てしまいました。 ...
スポンサーリンク