キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

絵の日記

ArtRageでどうしてもわからなかった「ステッカーの作り方」

ArtRageにはステッカーという機能があって、画像を登録しておくとそれをいつでも貼り付けることができます。それからその画像をスプレーで吹き付けたり、その画像の形のブラシをつくったりもできます。
絵の日記

ArtRageのキャンバス46種と紙目43種のサンプル作ってみた

お絵描きソフトには紙の種類がたくさんあります。で、紙目の出るローラーで色をのせるような使い方だと紙目が重要、っていうことで、サンプルを作ってみました。ブラシはいちいち自分で試してカスタマイズしたほうがぜったいにいいと思うけど、紙目はサンプル見れば済む。
絵の日記

今日のらくがき:魚

たとえばArtRageの水彩ツールだと、薄め液(水)の量や筆に含ませる量なんかを設定して個別に保存しておけます。一本の筆でいちいち設定を変えながら描くのは面倒なので、水の量を変えて絵の具の濃さを色々にしたものを何本か保存して水彩筆を作りました。
絵の日記

今日のらくがき:朽ちた植木鉢

ArtRage練習。モデルは写真だけど今日はトレースじゃなく、見ながら描きました。以前スケッチしてたときの感じを思い出した…けど、写真だからそれとは違う。スケッチの、実物を見て描く緊張感はスゴいんだもの。
絵の日記

今日のらくがき:道の猫

ArtRage練習中。線描きも全部ArtRageで完結させたい。今回はペンを使ったけど、前回の鉛筆のほうが雰囲気が良かった。
絵の日記

今日のらくがき:赤い屋根

ArtRageの使い方を探りながら一枚描いてみた。ソフトの使い方は少しずつわかってきました。んで、ソフトは色々だけど、絵を描く過程を録画して早回ししてる動画がYouTubeにけっこうあるのでそれもたくさん見ました。
絵の日記

ArtRageのレイヤーパレットに猫がいる

私のお気に入り(!)のお絵描きソフトのレイヤーパレットに、猫がかくれていました(ΦωΦ)w。レイヤーをつかんで上下入れ替えてたら…ニャ~!!!
Blender

そういえば、下絵として使ってみていなかった

絵が描ける人っていうのはたぶん、頭のなかにこういう立体を持っていて自由自在に動かせたり、ぐるぐる眺めたりできる人なんじゃないだろうか。
Blender

今日のぶれんだ:立版古をモデリング?

不思議な人たちのモデリングを終えて、次の人物モデリングをしている最中、なーーんか、違うんじゃないかなという感覚がやってきまして…。よくあることです。またか、です。
Blender

今日のぶれんだ:不思議な人たちをモデリング_5

魚男ができました。気持ち悪っ!そうなると、もとの絵はいったいどうなんだ、あれは気持ち悪くないのか?気持ち悪いんじゃないのか?って、わからなくなる。2Dと3Dのギャップを感じる…。
Blender

今日のぶれんだ:不思議な人たちをモデリング_4

えっと…星占いが、なぜこうなる?もとの絵から立体へのイメージが、さっぱりうまくできなかった。頭部の形はあきらめて、せめて占いのあやしい雰囲気を出そうとしたら、なぜかスナイパーもどきに。
Blender

今日のぶれんだ:不思議な人たちをモデリング_3

今回は服を別オブジェクトで作りました。このへんの面を選択して、Shift+Dキーで複製、Pキーで別オブジェクトに。Alt+Sキーで「法線方向に」拡大すると、丈はそのままでゆるみが加わった感じになります。し、知らなかった!!たった一回の操作でシャツができた!
Blender

今日のぶれんだ:不思議な人たちをモデリング_2

大飲みさんを作ってみました。もとの絵の不気味さが出せなかった…。アニメーションはしない予定で、とりあえずお絵描きの下絵になる程度の形ができればいいというあたりを目標に、なるべく簡単にモデリングしてみた。
Blender

今日のぶれんだ:不思議な人たちをモデリング_1

真ん中の人を見ると物足りない気持ちになりますが、同じものに画像貼ってSmooth表示しただけで左の人になるのだから、表面の画像の役割はとても大きいのだなぁ・・・と思います。
Blender

今日のぶれんだ:もとの人計画、崩壊。

前回、もとの人の形がとりあえずできたので、続く予定は「顔を描いて髪と服をつけて、下絵のための人物つくりを早く終わらせる」だったのですが…これは10日間であっさり崩れ去りました。
スポンサーリンク