キンドル本をKindle Unlimited で読んでいただけます

Amazonで販売している電子書籍「三十一郎(みそいちろう)」を、KDPセレクトに登録しました。
Kindle Unlimited にて、無料でお読みいただけます!

商品ページはこちら

お話作り日記

お話作り日記

「再話」にかわる言葉がみつからない

いい言葉がみつからない。 今までは「自分でお話を作る」ということにこだわっていたのだけれど「すでにある昔話を再話する」ということでも自分の気持ちが充分おさまりそうな気がしています。 エピソードストックを作るだのスイッチを作るだの...
2016.04.15
Webサイト作成

箱サイトに行き詰まる

時期外れの風邪をひいてしまいました 咳が、息が、苦しいーーー 何を飲んでも喉にしみる、咳をしすぎて吐きそうになる、ぐぐぐーー こういうときは休まなければならぬとき、止まって考えなければならぬとき。と無理矢理こじつけるのがここ数年の...
お話作り日記

パズル式にお話を作りたい

箱の更新が進まないわー ということはエピソードストック他もろもろが進んでいないということ。 要するにネタ帳とネタが作れていない。 「パズルのピースみたいに選んでくっつければ自動的にお話ができる」というのをけっこう昔から夢見てい...
お話作り日記

お伽噺

角川類語新辞典によると お伽噺:昔からある動植物を擬人化した子供向きの話。「昔話」を新たに創作・再話したもの あー、ぴったりな言葉があったんだー ちなみに 昔話:昔からその地に伝えられた話。「昔々」で始まるものが多い ...
2016.04.12
お話作り日記

「幸福の物語」と呼ぶことにしたい

自分の作る物語を昔話と呼ぶのをやめることにします。 本物の、長い時間を超えて息づいてきた、どっしりとしたゆるぎない昔話と、 私の勝手な創作とはまったくの別物であるので、 本物の昔話に混ざろうなんて考えるのはもうやめます。 ...
お話作り日記

何か違うの正体は「余計な事を書きすぎ」だった

あけまして・・・ というような日付でもないな。あはは どうぞ本年もよろしくお願いいたします。 私は去年何の努力もしていない、と思ったんだけど、お話だけのブログを作ったりの「ほんのちびっと」の何かはしていたのね。 そして9月のPD...
お話作り日記

今年一年私は何の努力もしていない

お久しぶりです。 今日は朝九時半より散歩。天気が良くて穏やかな日差し。 午後一時半頃に上野動物園で年間パスポートを買って入園。今日から一年間有効なので、パスポートの日付は来年のクリスマス。 二時半頃に動物園を出て近くにある...
お話作り日記

童話という言葉

まえから迷っていたこと。 はじめは自分の作品を、創作した昔話という意味合いをこめて「小昔話」と呼んでいたのですが、どうも伝わりにくいらしく、みなさまからは「童話」と言っていただくことがほとんどでした。自分でも電子書籍サイトなどのジャン...
お話作り日記

新たな手術&「美人鏡」書き直し中

毎日暑いですねー。 息切れしてます・・・ 気がつけばポリープさんの結果を一ヶ月半もトップに貼りっ放し。ああ、見苦しい。(笑) なんだけど、新しい記事を書こうにも話題が病気やら検査やらの事しかなくて気が進まなかったのです。じつは...
お話作り日記

自分の本心はお話なんかどうでもいいと思っているんじゃないだろうか

更新しないとスパムコメントが増えるのかなぁ むー。 お話作りにがっつりしがみつくチカラが出ない。 それが冷蔵庫の奥で干からびている、そんな感じ。 いつの日か引っぱり出してぬるま湯をいっぱいかけてやらねば。 しかし今それをやると...
お話作り日記

少しだけ残して、洋裁をあきらめる

久々に、図書館で児童文学関連の本を借りました。『行きて帰りし物語』 疲れた夜は読みながら眠ってしまったりしてなかなか読み進まなかったりしますが、こういうものに触れておるとやっぱりわくわくと嬉しい。 いつか時間ができたらまたやろうと思...
お話作り日記

現実逃避を現実と繋げてはいけないのではないか

ふと。 お話の世界に遊んで幸せに浸ったり、夢のような布柄とか映像で心地よくなったり、そんな現実逃避を現実と繋げてはいけないのではないかと気がついた。 つまり、お話を作って楽しむまでは良いけれど、それでごはんを食べようとすると一瞬...
お話作り日記

頭の中のイメージの枯渇

こんな時間まで起きていてはいかん、頭痛もしてきたし お話を展開してゆくにはあまりにも自分の中にイメージがなさすぎる。枯渇している。イメージの貧困さゆえにお話を考える時間を楽しめない。 マックスリューティの本とか読んでいる時間の方がよ...
お話作り日記

牛乳瓶のフタのかわりに十円玉を使う

今週はちょっとお休み。 以前、牛乳瓶のフタがどうのと書いたときに作ってたもの。あれ以来ずっと使ってなかったのだけど、最近読んだ本『ストーリーメーカー 創作のための物語論 (アスキー新書 84) (アスキー新書)』から新たに思いついたことが...
お話作り日記

冷たく澄んだ別の世界

冷たく澄んだ別の世界。 それはコドモの私には、現実よりも現実だった。 冷たく澄んだ別の世界。 それは今では雲の上、見えない行けない届かない。 私がつくる別の世界は、冷たくなれず澄ませもできぬ。 けれどもそれを生き甲斐に、死...
スポンサーリンク