小説「橋の上で」電子出版しました。Kindle本の購入&読書方法もあわせて

Two Red-and-white Labeled Books

こんにちは、そだひさこです。

このたび人生初の長編小説をKindle出版しました。自分のブログなのでお知らせさせてください。

長編小説を書きました

長編といっても10万字に欠けるので長編と呼べないかもしれませんが。(推敲で9万7千字ほどに減りました)

橋の上で Kindle版 490円 
橋の上で ペーパーバック版 1,485円

ぜひ詳細ページを見てやってください。記憶と愛と、涙と猫の物語(?)です。

今までの昔話っぽいやつとあまりにも違うので、別のペンネームを使いました。書いているうちに書くのが面白くなったので、万が一のために(?)シリーズ名を付けました。

あと、デザイン能力ゼロなので表紙だけ見ると無料本に見えるのが残念なところです。(-_-;)

10月から電子版だけでなく紙の本(ペーパーバック)も作れるようになったので、こちらも用意しました。印刷コストなどがかかるので価格がお高いですが、ご容赦ください。

唐突に小説を書いた経緯はこちらの記事に記録してます。「想造」というのを試してみたら私にも小説が書けたよ、っていう内容です。

Kindle本の購入に必要なものを準備する

Kindle端末を買わなくてもKindle本は読めます。スマホ・タブレット・PC(iOS、Android、PC、Mac)用のKindleアプリがあるのでそれをダウンロードすればOKです。
もちろん、目に負担の少ないKindle Paperwhite端末を買ってもいいと思います。

Kindle本を読むのに必要なものは次の三つです。

  • Amazonアカウント
  • Kindleの支払い設定
  • Kindleアプリ(またはKindle端末)

順に見ていきましょう。

Amazonアカウント

アカウントを持っていない場合は作成します。アカウントは無料で作れます。

作成手順については、すでに詳細な記事がネット上にあるのでご紹介します。

ざっくり言うと……

Amazonにアクセスして、上の方にある「こんにちは、ログイン」の文字にマウスをのせると、フキダシがあらわれます。その中のログインボタンの下に「新規作成はこちら」という文字があります。
それをクリックして出てきた画面で、必要事項の入力後、「Amazonアカウントを作成する」ボタンを押します。すると入力したメールアドレス宛にメールが送信されるので、そこにあるコードを画面に入力、「アカウントの作成」をクリックします。

Kindleの支払い設定

配達してもらうような物(物体としてあるもの)を買うときは、商品をいったんカートに入れて、そのつど支払い方法などを指定するのですが……

Kindle本の場合は、商品ページの購入ボタンが「注文を確定する」になっています。ボタンをクリックすると即座に決済が完了し、ダウンロードが始まります。このため、支払い方法をあらかじめ設定しておく必要があります。

こちらも、詳細な記事がありますのでご紹介します。設定方法が丁寧に解説されています。

ざっくり↓

アカウントサービス >デジタルコンテンツとデバイス >コンテンツと端末の管理 >設定 >Kindleの支払い設定 です。

支払い設定をしたくない(クレジットカードを登録したくないなど)という人は、アマゾンギフト券を購入し、それを登録しておくと、Kindle本の購入時に自動的にそれが使われるそうです。(この場合は残高に気をつける必要があります)

Kindleアプリをダウンロード(またはKindle端末の設定)

スマホ・タブレット・PC(iOS、Android、PC、Mac)用のKindleアプリがあるので、ダウンロードしておきます。起動したときにログインを求められたら、Amazonのアカウントでログインしておきます。

Kindle端末を購入した場合は、AmazonアカウントとWi-Fi接続の設定をします。

Kindleアプリ

iPhone や iPad なら App Store から、Android なら Google Play Store から、Kindleアプリを探してダウンロードします。

PCやMacは Kindleアプリのページの「デスクトップはここから PC & Mac」のアイコンをクリックするとダウンロードできます。

Kindle端末

Kindle Paperwhite端末は目に負担が少ないので人気があるようです。防水機能付き。

Kindle端末を購入した場合も設定が必要だそうです。(Amazonアカウント&Wi-Fi接続)

私8年前にKindle端末を買ったことがあるのですが、アカウント設定済みの状態で届いたので感動したおぼえがあります。今はそうじゃないのね。

Kindle本の購入方法

スマホのブラウザ、スマホアプリ、iOSのアプリ、などで購入できる・できないの違いがあるようで、残念ながらよく把握できていません。なので、私がいつも購入している方法をご紹介します。

PCブラウザでAmazonにアクセス、本を探して購入

私の場合は、PCのブラウザからAmazonにアクセスしてキンドル本を探し、購入しています。
商品ページを開いたら、Kindle版を選択していることを確認します。

そして、注文を確定する前に「お客様のKindleライブラリ」を押します。

紐付けられている端末が表示されるので、読むのに使いたい端末(Kindleアプリが入っている端末)を選択してから「注文を確定」ボタンをクリックすれば完了です。

その端末にKindle本がダウンロードされ、Kindleアプリで読むことができます。

もう使っていない端末が登録したままです、整理しなきゃ。

間違えて注文してしまったら、注文後の画面(間違えましたか?とかメッセージが出る)から取り消しができるようです。取り消したことがないのでよくわかってませんが。

もし端末を選択しなくても「お客様のKindleライブラリ」に保存されるので、あとから端末にダウンロードすることができます。(選択した場合も、ライブラリにも同時に保存されます)

Kindle Unlimited(読み放題)という選択肢

キンドル本には Kindle Unlimited という読み放題サービスがあります。利用するには月額980円が必要ですが、たくさん読む人にはお得なサービスです。

読みたいKindle本が Kindle Unlimited の対象になっていれば、購入しなくても読むことができます。端末に置いておけるのは一度に10冊までですが、入れ替えて何冊でも読むことができます。
(200万冊以上が Kindle Unlimited の対象だそうです)

1ヶ月に980円分以上の本を Kindle Unlimited で読めば、元が取れるというわけです。

Kindle Unlimited の対象になっていない本もあるので、Kindleストアで、どんな本が Kindle Unlimited になっているかをざっと確認してみると良いと思います。(一覧表示のとき Kindle Unlimited のアイコンがついていれば対象。個別商品ページに「読み放題で読む」ボタンがあれば対象)

Kindle Unlimited の使い方↓

Kindle Unlimited の徹底レビュー↓

まとめ

Kindle本はスマホで読めます。みんなもっとKindle本を読もう!
そして私の小説も読んでください!(読み放題で読めます!)
という記事でした。

この記事で、わかりやすく購入方法がお伝えできているのかが少々心配ではありますが。
良い記事をたくさんご紹介してるのできっと大丈夫!と思います。

不足に気づいたら追記いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 文緒 より:

    久子さん

    小説が書き上がったこと、出版したこと、おめでとうございます!!
    早速注文したいのですが、アマゾンって2000円か3000円以上じゃないと送料がかかりますよね?
    キンドルだから、これ一冊でも、送料はかからないのでしょうか?

    • hisako より:

      文緒さん

      ありがとうございます!出版できてうれしい!(笑)

      Kindle版(電子書籍)なら送料はかかりません。

      また、ペーパーバック版も出版しまして、自分で普通に買いましたが、送料はかかりませんでした。
      Amazonが発送する本なら、送料がかからないようです。
      https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=6027475051

タイトルとURLをコピーしました