【三題噺】「風呂屋の煙突」

風呂屋の煙突

昔々ある小さな町に、小さな金物屋がありました。金物屋には、気のいい主人がぼんやりと座って、外を眺めておりました。今日の金物屋は、暇でした。今日のお客といえば、タワシをひとつ買いに来た、お風呂屋さんの丁稚がひとりあっただけでした。
金物屋からは、お風呂屋の煙突が見えました。とても古いお風呂屋の、とてもりっぱな煙突でした。
「さっきの丁稚は、今ごろは風呂場の床を磨いているのかな」
と、金物屋は思いました。
やがて、お風呂屋の煙突から、もくもくと煙があがりはじめました。お風呂を沸かしているのです。もうすぐ、お風呂屋が開く時間です。
金物屋が煙突の煙を見ていると、煙のすぐそばに、白い雲がもくもくと流れてきました。煙と雲は混ざり合って、どこが雲でどこが煙かわからないようになりました。そして、煙は消えて、雲は流れて行ってしまいました。金物屋は言いました。
「今日は店も暇だし、早じまいして、ひとっぷろ浴びに行くかぁ」

金物屋は、洗面器とタオルを持って、お風呂屋へ行きました。金物屋は一番乗りでした。お風呂屋の主人は言いました。
「なんだい、今日はやけに早いなあ。とうとう商売畳んじまったのか?」
金物屋は笑って、
「うん、俺明日からここで雇ってもらおうと思ってさ」
と冗談を言いました。お風呂屋は笑って、
「まだちいっとぬるいかもしれねえが、まぁゆっくり浸かって行けや、うん」
と言いました。
金物屋は、ぬるめの湯船にぽったりと浸かり、高い天井を見上げました。天井の窓からは、雲が見えました。雲は、どこまでも流れて行きます。湯船の中で金物屋は、なんだか夢のような心地になりました。
いつのまにかのぼせてしまい、お湯から上がって冷たい麦茶をごちそうになった金物屋は、お風呂屋の主人に言いました。
「俺さぁ、おたくの煙突によじ登って、煙と一緒に雲になって、富士山まで飛んで行ってみたいなぁ」
するとお風呂屋のご主人は、
「なんだい、のぼせて変なことを言い出したよ。ああ、煙突でも何でも好きにしていいから、しっかりしてくれよ」
とあしらいました。
金物屋は帰りがてら、さっそくお風呂屋の煙突によじ登りました。そして、流れてきた雲につかまって、そのまま富士山まで流れて行きました。そしてそのままぐるりと世界を一周しました。
そして再びお風呂屋に帰ってきたときには、湯船のお湯はすっかり冷めていましたとさ。

…しゅみません、きょうは、のーこめんとで、、

この記事を書いた人
たまに、加賀 一
そだ ひさこ

子ども時代はもちろん、大人になっても昔話好き。
不調で落ち込んでいた30代のある日。記憶の底から突如、子ども時代に読んだ昔話の場面がよみがえる。その不思議さに心を奪われて、一瞬不調であることを忘れた。自分は昔話で元気が出るんだと気づいた。

そだ ひさこをフォローする
古い作品(物語)たち
スポンサーリンク
そだ ひさこをフォローする
「塑田久子、お話を作る」の記録ブログ

コメント

  1. たぬうさ より:

    金物屋というとフラン○ースの犬を思い出す私ですが、商店街の真ん中に住んでいた子ども時代、パト○ッシュをいじめていた金物屋と、街の金物屋さんとがどうしても結びつかなかったのでした(またその話題かい!と自分でつっこんどきます)。
    こめんとすんなってのが聞こえんのかい!(これもつっこんどきます。え、のーこめんとってそういう意味じゃないって?)

  2. 久子 より:

    うっかり夢でしたオチにしそうになって、どうにかそうでなくしたというだけの話になってしまったのでした。
    それにしてもあの金物屋は憎たらしいですねー。

タイトルとURLをコピーしました